ターニングポイントさん!?

10bace LOG

カテゴリー: ことば

道理と道徳の違いについて

モーニングなんちゃらを見ていたら、マスクしてねぇ乗客がいたせいで飛行機が緊急着陸したという心温まる話題を取り上げておった。ナッツ・リターンならぬマスク・ランド。でいいのか?新種のアミューズメントパークか?ミルクランド北海道なのか?

マスクを拒否した男性が飛行機から降ろされる 機内からは拍手魚拓

モーニなんちゃらでは、マスク拒否男(ますく きょひお)が非難される流れであった。ただひとり玉川が何か言いたげにムニムニしていて、「がんばれ💖玉川がんばれ💖」と思いながら見ていた。でも纏まりきらなかったわ。羽鳥が急かすからさぁ。

別番組だし見てないけど、志らくは志らくでしょうもねぇこと言ってたみたい。こいつマジで視点ひっくいのになんでコメンテーターやってんだろ。視点低すぎて自分で不安にならないんだろうか。心配だ。

志らく、マスク拒否で飛行機降ろされた男性に「面倒くせえ人がいるもんだな」魚拓

というので、このニュースを理解するためのポイントについて話す。

◆事件概略

さっき貼ったリンクから引用。

しらざーいって

きかせやしょう。意味を。自分が読むためのものだからお前らにとって読みづらくても知らん。し、ちょっと読み切れていない感じある。

『青砥稿花紅彩画』(あおとぞうし はなの にしきえ)は、文久2年3月(1862年3月)に江戸市村座で初演された歌舞伎の演目。通称は「白浪五人男」(しらなみ ごにんおとこ)。世話物(白浪物)、二代目河竹新七(黙阿弥)作、全三幕九場。

青砥稿花紅彩画 | Wikipedia

ぬすっと男の娘である弁天小僧が、その変装を見破られてしまった場面の口上を現代語訳する。長い口上だ。変装バレたのを開き直るにしても、長すぎる。悠長勢かよ。

Eng本語

強いられてるわけではないんだけど、英語の勉強したくなさすぎてこういうことを考えた。

「日本語と英語の単語を混ぜれば、どっちにも伝わるんじゃないのか?」

ちょっと考えた感じ行けそうだったんで、共有しておく。有効活用してくれ。

◆例

▼わたI

「わたい」と読む。ね?なんとなく分かるでしょ?

即した言葉を使え

Qiitaアドベントカレンダーに「筋肉マージは辞めよう」というタイトルの記事がありまして、「筋肉マージ?」ってワクワクしたんだけど、しょうもない内容だった。

お前さん方、「使いたい言葉」を使うんじゃないわよ。

◆筋肉

電子ロックされた扉をムキムキな外人がこじ開けるさまを「筋肉認証」という。ニコニコの何かの動画で見たんだっけ。SASUKEだっけ?

SOUL

🐭新年あけまし…あ、まだ。…あけてない。そっか。🐗

2020年一発目の記事をどうしようかなと思ってたんだけど、「魂」という言葉について書こうと思った。

あ、あけてない。いやもうどうでもいいわ。知らんわ。魂について書く。

※「俺はこう感じる」レベルの話だから、真に受けないほうがいいよ。あえて辞書を引かずに書いてみる。あと、読みづらいわこれ。ごめん。

背中流師

◆お背中流しますね

…うん。…誰お前?

◆お背中流しますか?

いや、いいです。

◆お背中流しますが?

そんな…「何か問題でも?」みたいに言われても。

りょく

思っただけの話。

あるジャンルには複数の側面がありますよね。っていう。

◆画力

ワンパンマン」っていう漫画があって、作画はクッソメタメタなんだけどすごく面白い。最近は画力もだんだん上がってきている。

同じ漫画家の書いてる「モブサイコ100」という漫画も面白い。

んで、画力がメタメタだったから「ちゃんとした作画つけようぜ」っつってアイシールド21の作画をしていた村田雄介が担当した。どういう経緯かは知らんが。

度重なるふーん

「ふーん」という言葉が好きだ。言うのも言われるのも好きだ。

◆ダジャレ

俺がクッソしょうもないダジャレをぶち込んだときの反応は大体以下のような感じになる。

  • 苦笑い
  • 「うわ」という顔
  • 溜め息
  • ちょっと笑う
  • ダジャレをかぶせてくる
  • ふーん(興味なさげ)

概ね全部好きだけど、一番笑えるのが「ふーん」だな。「ふーん」という人は実は少し笑っていて、もうちょっと押せば笑う。「聞こえなかったのかな」的な感じにもう一度言い直せば笑うし、顔をのぞき込むだけで笑う。それが好き。

敬語です

敬語でのやりとりを嫌っているわけではありませんが、メールやブログなど、ことネット上では敬語の構築をつらく感じます。できることなら全てタメ口で済ませたいと常々思っています。

知らない方とコミュニケーションをとるときは、敬語を使わねばならないという暗黙のエチケットがありますね。その、敬語で文章を構築するという時間の無駄を恨めしく思います。

このブログは基本的に口語で書かせていただいておりますが、それを敬語で統一しようと致しますると、なほ憂しと思いつつなむありけります。どうしても表現の幅が狭くなってしまいます。

そこで今回は、敬語を使用するデメリットについて皆様にお伝えさせていただければと思います。よろしくお願いします。

◆下ネタとの相性

一番初めにこれを挙げるのもどうかと思いますが、敬語で下ネタを話しますと、許されざるスケベが生じてしまいます。

同じ表現をそれぞれ比べてみましょう。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén