知ったというだけのはなし。

◆韓国脱コル漫画紹介し隊

枚数多すぎて読みづらいのでページごとに翻訳してくれたほうが嬉しい。

脱コルというものの思考の筋道が割とわかりやすい。良い観点が提示されていて時に興味深いんだけど解決されず放置されるのが気になる。

もっと言えば、良い観点に言及しつつ他の関係ない問題にうねうねとシフトしつつ解決している。全てに打ち勝ってるような雰囲気を醸し出してる。

◆脱コルとは?

脱コルセット(だつコルセット、ko:탈코르셋 운동)とは、韓国の「第4の波」(ko:제4세대 여성주의フェミニズムで初めて触発され誕生した6B4Tと言うラディカルフェミニズムを支持する韓国人女性達からなる、社会運動の一種である[要出典]。「脱コルセット運動」とも称される。

社会から求められる”女性らしさ”から自らを解放することを目的とした女性による運動である[1]

脱コルセット運動における“コルセット”とは、女性に対する家父長制的観点から来る美の抑圧を意味する[2]。この運動は韓国から発信され、家父長制社会下に於ける女性のステレオタイプに基づく女性像とは異なる女性の在り方を提案している[2][3]

脱コルセット - Wikipedia

Vol.7 脱コルセット “女らしさ”という束縛から脱却する女性たち - NHK みんなでプラス魚拓

おぉん。

◆感想

そんな長くは書きたくない。

常に被害者意識がズバ抜けてんなと思ったのと、解決方法が極端っていうか。極端にするにも方向性がズレてるんじゃないか。韓国の男女事情は知らんけども。

女性の化粧とかスタイルどうこうってのは、男性のためにやってるつもりだったんか?女同士でのマウント取り合い地獄とかTikTokの中でやってるもんだと俺は思い込んでたんだが。

俺以外の世間の男どもは化粧や香水や変な髪色やキショいカラコンや不自然極まる付けまつげをありがたがっていたんだろうか。俺の認識が違った?

露出の多い服は性的には嬉しいし見たくなっちゃうし触りたいけど、街では見たくないわ。自意識過剰な露出を見かけたときに瞬時に発生する印象としては「うわダリぃのがいる…」が多くを占める。路上でキスしてるカップルとか立ちションしてるオッサンとか歩きたばこしてるリーマンとかスケボー小僧を見たときの気持ちとそんな変わらん。

話していること、表情、振る舞いを魅力的と思うんであって、外見を着飾られてもピンとこない。(こういうこと言われると彼女らは不本意なんだろうが、)俺はムダ毛とかスッピンとか体臭とかは割とイケるし誇張なく股間にくる。メタルギアソリッドのオルガとか、遊んだ当時中学生だった俺はいたく興奮した。ケツ毛バーガーのやつもイケすぎた。すね毛もへそ毛も乳毛も余裕。剃った後と思われる脛を逆なでして少しチクチクするのも好き。生えてていい。つむじをクンクンした時の頭皮の匂いを香水に邪魔されると萎える。

何の話だよ。

俺の個人的趣向なんてどうでもいいだろうけど。何が言いたいかって、化粧とかそんな男性側から要請してないと思うぞ。所作がよければ何でもいいんじゃねぇのか。あるいは仕事ができれば何でもいい。

「女性も社会進出するべきである」というフェミニストからの一方的な押し付けについて俺は反対している。考えるべきは人生の幸福についてでしかない。労働は必ずしも幸福な未来に接続されない。

◆脱コル

俺は脱コルに基本的には賛成の立場をとる。だが、せせこましい争いのショボい武器として脱コルを利用するのは意味わからんわ。心情はわかるが。漫画では女性らしさというものを運動場のレースに例えていたけど、それより狭い闘技場の中に身を投げ打っただけじゃん。そこからまず脱出してみては?

自分が脱コルしている様子をTwitterに投稿することで外見を認めてもらおうとしてるひとがいるのも気になる。勝手に脱コルすればいいのに。気づきはあったんだろうけど、「気にしすぎ」っていう根本の病気が治せてないから引き続き彼女らは苦しみそうだって思ってしまう。

SNSという呪縛の性質にも気づいたらよかろうね。SNSってなんなのっていう観点。絵文字を普段から使ってるけど、どういう思いで使ってたんだっけっていうこととか。脱Emojiもいいぞ😎

SNSの体毛自慢投稿をきっかけに呪いを外せる女性もいるだろうし、そういうメッセージとして発信するのは良いかもね。外見とか気にしすぎることないわって思う女性(あるいは男性)を増やすことは応援したい。実際そんな気にする必要ないし。でも化粧品メーカーが潰れたら女性の雇用が大量に消滅しねぇか。とか。

美貌はバフであるっていう紛うことなき事実もある。人生がRPGだとして、身だしなみを良くすることは総合ステータスを増強する魔法だ。ペニスで物事をジャッジする俺のような愚かなクソオスどもを捻ろうと思うんなら、性的魅力を利かすのは効果高いはず。女の武器とはよく言ったもんで。ズルいわ。

頭がぐらぐらするほど会話がつまらん女であっても、チャームのマホウで許される。テレビに出られる。仕事でトチっても許される。態度悪くても許される。クッソしょうもない無価値なダンスであっても可愛ければチヤホヤされる。SNSを巧く使えば集金できるしモノを買ってもらえる。人を見る能力のないアホまでなら男女問わずカワイイで懐柔できるんだから、一般女性であったらカワイイを利用しない手はない。賢なる女性であれば猶更。

男は成人してなおカワイイをやろうとすると痛みが凄いことになるので不利っすね。カワイイをやってないキモいオッサンのほうが可愛いとか言われる始末。

魔法に頼ってレベルアップを怠れば不幸も招きかねないし、物理攻撃しか効かない相手もいるだろう。でも人間力勝負の土俵に上がって朗らかに殴り合える人ってどれほどいるんだろうか。人間力バーリトゥードで平等に殴り合ったときに「殴られたのは女性差別だ」と思わないフェミニストはどれほどいるだろうか。折に触れて魔法を使えば通らないことだって通せるやもしれんし、そういうズルさも兼ね備えて生きていくような気概があっていいと思います。

◆余談

最後まで頑張って読んだけど何も得るものなかったぁ。書くほうも書くほうで頑張って書いたんだろうけどな。それが伝わってくるだけに途方もない気持ちが押し寄せてくる。どうしたものやら。この人の人生はどうなっちゃうんだろうか…

最近はもうツイフェミとか寺に入るしかないんじゃねぇかと思い始めている。あるいは認知行動療法とか?

◆結

前々から被害者意識について記事を書こうまいかと思ってたんだけど、脱コルは示唆に富んでるな。良い言葉を知った。