ターニングポイントさん!?

カテゴリー: Page 1 of 2

天穂のサクナヒメ面白かったよ

天穂のサクナヒメ

完走した感想を。

◆苦情

あのさぁ…

いやまて、苦情より先に。

◆どうだったか

やるじゃない(ニッコリ)(ご満悦)(大絶賛)

いや、すんばらしいゲームでした。「和風」「アクション」「稲作」。知覚した瞬間に情報遮断して遊んだかいがあった。まわりのやつ三人にもSteam版買わせた(うち一本は俺が買った)けど大好評ですよ。

俺はSwitch版を買ったんだけど、忙しくて買うの保留してたらパケ版がどこも売り切れてて焦りました。限定版買ってやろうかと思ったけど売り切れてるしよ。ふざけんな。売れるに決まってんだろこんなゲーム。画集バラ売りしやがれ。

◆どう面白かったんだよ

カマンベールチーズオナニーというものについて

◆そんなオナニーは存在しない

カマンベールチーズオナニーというオナニーは存在しない。

※免責事項

今から俺により紹介されるカマニーを実施することに因って発生しうる如何なる損失についても執筆者はその責任を負わないものとします。カマンベールチーズの交換やペニスの交換は承りかねます。自己責任のもとでお楽しみください。

◆想定される結果

【グミ】わかってる奴を見ると安心する

グミが好きでグミを食うんだけど、インターネットをさまよっていたら

2019年最強のグミは何か!? | note

っていうページタイトルを見つけて、もう、タイトルを目視した瞬間に「ペタグー」と思った。

いや、違うわごめん。「ペタグーのメロンソーダ」と思った。

◆noteの内容

出だしがいい。

2010年代を振り返るとき必ず皆さんの頭の中に思い浮かぶものがあるはずです。そう、グミです。

いやまぁ小ボケなんだけど、わからんでもない。グミがうまい2010年代だった。

激辛カップ麺2020年7月号

辛いものがすきです。

◆ペヤング 獄激辛やきそば

商品説明

初手で悪いんだが、これ食ってない。「激辛焼きそばEND」の3倍辛いってなんだよ。そこまでいったらもう悪ふざけですわぁ。

激辛カップ麺ブームの火付け役となったペヤング激辛であるが、「もっともっと激辛」(魚拓)もまぁまぁいけた。ENDはもう辛すぎ。流石に牛乳飲みながら食べた。それの3倍ってアンタ…。食わせる気無いだろ。

いやどうなんだろ。食ってみるべきか。でも確度100%でぽんぽんぺいんなる。

未来のコメ食

※妄言

◆流通

俺の世界における未来では、コメは全ての状態で出回っている。籾摺り精米機能付きの炊飯器が売られている。

籾は「1モミーヌ」(白米にしたときに1合となる単位)ずつ真空パックされていて、その真空パックごと炊飯器にセットして水を入れるとメシが炊ける。

昔は白米の状態でコメが売られていたのだが、やはり鮮度を保つことが難しいし、残存するヌカを取り除くために水で洗わねばならなかった。無洗米という「洗わずに炊ける米」も開発されたが、何より自由度が低い。

自由度とは何か。それは旧人類が意識すらしないような「コメの食い方」についての自由度だった。

Eat Itを和訳した

Eat It ⇒ それを食え

とても有名な曲だ。かのマイケルジャクソンも Eat It がリリースされる1年も前に「Beat It」というパロディ曲を作っている。

下の動画はマイケル・ジャクソンによるパロディ。PVも似せて作られている。必見だ。さながらアメリカの嘉門達夫だな。マイコーは。

一番好きなチョコを買った

主食のヨーグルトと納豆とめかぶを買いに西友をぶらついていたのだが、素晴らしいパッケージデザインのチョコを見つけてしまい、思わず買ってしまった。

次のメシ

味の濃い味噌汁を飲むな。濃かったらお湯で薄めてから飲め。

という言説がある。なんでかって、塩分の摂りすぎを防ぐため。

「いや、塩分の総量かわらんし。濃い味好きだし。」ということを思うかもしれんが、次のメシがあるじゃん。

食事マナー

箸の持ち方が地獄の人とか、肘ついて飯を食う人とか、両手を食卓の上に出さないとか、犬食いとか、クチャラーとかいらっしゃるじゃないっすか。

それらをやめなければならない理由について。

◆全身で飯を食う

飯は五感でもって食います。それらのうち一つが害されると、飯はまずくなります。

例えばお前さん、食卓でショートケーキを食っていますわな。その食卓におじいさんが乗ってきました。

この時点でもうショートケーキは不味いんだけど、おじいさんは鼻歌交じりにズボンを降ろしました。そして徐に脱糞しましたと。そうなればもうケーキどころではないよな。嗅覚がやられてしまうから。

素食

どうも素食です。素食って言ってもゆるふわ素食です。

絶望的に皿洗いのモチベーションが発生しないため、パッケージの食品を摂るほうに流されてしまっている。とはいえ食べることが好きだし栄養とか大好きだし、そもそも食べ物そのものが好きだ。

だからメシに妥協は無い。令和に突入して佳境を迎える我が食生活の”イマ”が一体全体どうなっているのか。そりゃ気になるだろうさ。ホットでゴシックなメシ情報を徒然なるままに経過報告させて頂く。

今日は疲れてて文体がちょっと赤ちゃんだけど容赦いただきたい。

酒は入っていないはずなんだけどヤバい文章だから、動悸、眩暈、息切れ、突然の死を誘発する恐れがある。気分が優れない時に読むべきではない。責任は取りかねる。

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén