ターニングポイントさん!?

カテゴリー: 映画

シン・ヱヴァンゲリヲン𝄇みたよ

◆へぇ。俺はエヴァに興味ないわ。

そうなん?

まぁ…でも俺もエバンゲリヨンに興味あるか無いかって言われたらそんなに興味ないかもしれんな。

「シン」が公開されるまで新劇場版が序破Qの3部作だと思ってたくらい興味なかった。

興味ないから他のブログやら何やらに書かれてる文章も興味なくて、読んでないです。前情報無く観たし、観終わってから「他の人がどう思ったのか気になる」とかもない。俺の中で完結した。

◆エヴァンゲリオンって面白いん?

んん…。

空の青さを知る人よ観たよ

いや、ここはアニメレビューブログじゃないです。ここはクソぶっかけブログです。

空の青さを知る人よ

◆昨日書いたやつ

のと同じメンツで作ったものなんだらしい。

◆観てないけど、観たほうがいい?

ううーーーーーーん。観てもいいよ。でも保証はできない。でもこ↑こ↓ろが叫びたがってるんだ。よりかは明らかに観る意味がある。

映像は、もっと綺麗になってた。見ごたえある。

◆タイトル下手か?

「心が叫びたがってるんだ。」とかも、どっちかって言うと「心叫びたがってるんだ。」のほうが良いんじゃねぇかと観ていて思った。「空の青さを知る人よ」も、ちょっと違うんじゃないかなぁ…

心が叫びたがってるんだ。観たよ

心が叫びたがってるんだ。

◆観てないけど、観たほうがいい?

いや、観なくていいとは思う。作品が悪いとも言い切れないが、観る必要があるかといえば無い。有意義かと問われれて、有か無のゼロイチで答えるなら無意義。人生の糧にはならない。

アニメーター見本市とか好きな人なら観てもいいかもね。

とはいえ、普通に古典とか漁ったら?なんか作品を作りたい人にしても、これを目指すのは違うと思う。となりのトトロとかそういう、意義を持つ作品を作るべきでは。栄養のある作品。

◆余談:「あの花」

あれはマジにつまんなかった。時間返して。殺すぞ。

「面白いか!?どうだ!?面白いのか!?まだわからないぞ!?」「う~んどうだ!?まだワンチャンあるぞ!?」「はいつまらないクソアニメでした~」ってされてもう酷かった。

◆どうだったか

うん。まぁそんなに。ただ、映画館に観に行ってたらキレてたと思う。でも作品自体はそこまで叩けない。どうあるべきかとか何をしてはいけないかを意識していたように伺えたから。ただ、ひたすらツメがあまいし、無意味だった。それでいうと「君の名は」にはまだ意味みたいなのを感じた。ブレずに主題を描き切っていたから。

人間の症状として話せないということはあるし、話すとお腹痛くなるってのもある。歌うと話せるっていうのもありうる。根本にリアリティが無いとは思わん。

青春の感じもある。

素直に観きれないのは、やっぱ都合が滲んだところ。舞台のカッコよさとか世界設定が「ねーよ」という感じで違和感だった。人間関係を表現するために言葉でサッとやろうとしたのも嫌です。テンポを御しきれていないのも。尺の配分がなんか違ったような。

【ネタばれあり】名探偵ピカチュウみたよ

みたよ。

原作は未プレイだよ。

◆どうだったか

アメリカンだった。

◆よさ

グラフィックがちゃんとしてたね。ポケモンの種類も結構いたね。3Dモデルおこすの大変だろうからって心配してたけど、思ったよりいてよかったわ。毛プリンは嫌だった。

内容としては、子供向けと考えたら結構いいんじゃないかな。微ホラー要素あるけど。

【チャップリン】「独裁者」最後のスピーチを和訳した

喜劇王チャップリンの「独裁者」で最後に披露される演説を和訳した。

全編蝋人形にしてやろうかと思ったけど面倒すぎた。お前がしろ。
宿題をカンニングしにきたホモは、意訳だから全部あてにしたら駄目だよ。(1回目の兵士諸君!のあたりにでかめの意訳がある。他にもあるけど。)
っていうか一回この映画見てきたら?超良い映画だぞ。

※おことわり※

意訳やら超訳やら意図的な語句無視とかがあるから気をつけなはれや。
この和訳は無断で自由に使ってくれて構わんが、出典を書くなりするのが杏マナーだろがい。

ググった単語についてはリンクを張っていくから参考にして、どうぞ。

原文はここから

************************************************************

I’m sorry, but I don’t want to be an emperor. That’s not my business. I don’t want to rule or conquer anyone.

申し訳ないのですが、私は国家元首になどなるつもりはありません。
私はそんなものに興味はない。
誰かを束縛したり、征服するようなことはしたくありません。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén