◆結論

Intel® Graphics – Windows* DCH Drivers

あるいは

Drivers & Software | Intel

を開いてGraphicsからたどれ。

◆いきさつ

Surface Pro 7+なるクソPC使ってるんですけど、最近何やら急に画面真っ暗になったりブラウザのGPUアクセラレーションが効かなくなったりTeamsでの音声通話が壊れたりしてた。

やめろ(激怒)

Surface Pro 7+はTiger Lakeのオンダイグラフィックスを使っておりますから、外部GPUと仲が悪くて壊れているわけではない。Xeが何やら悪さをしているんじゃねぇのか。ドライバのバージョンを確認しましょう。

▼GPUドライバのバージョン確認

  • Windowsキーを押して「task」とか入力してタスクマネージャーを起動。
  • 「パフォーマンス」タブを開いて「GPU」の項目を開く。
  • 「ドライバーのバージョン」って項目を確認。ドライバーの更新日付も確認できちゃう。

ほいで、バージョンが「20.20.100.9030」、日付が2020年10月とか書かれてた。古くない?だって、Xe自体が2020年に登場したものじゃないか。グラフィックドライバがそんなに早く安定するはずない。

▼WindowsのUIから更新を試みる

  • Windowsのスタートボタンを右クリック
  • 「デバイス マネージャー」をひらく
  • 「ディスプレイ アダプター」をひらく
  • 「Inter(R) Iris(R) Xe Graphics」を右クリックして「ドライバーの更新」
  • 「ドライバーを自動的に検索」

このデバイスに最適なドライバーがすでにインストールされています

ほんとぉ?

俺はそうは思わないね。

▼発見

インターネットに落ちているだろうと思ってググったが、なかなかIntelのドライバ提供ページが出てこない。5分くらいしてやっと見つけた。

https://www.intel.com/content/www/us/en/download/19344/intel-graphics-windows-dch-drivers.html

DCHってなんだろう。健康食品?とか思いながらexeをダウンロードして実行。再起動後に無事ドライバが更新された。2021/10/27時点で「30.0.100.9955」。

更新されたかどうかの確認は、またタスクマネージャーからしてね。俺の場合、exe実行しきったのになぜかバージョン上がってなかった。もっかいインストールしたら更新されてた。謎。

▼注意点

俺は問題なかったが、場合によってはドライバ更新によりパソコン動かなくなるかもね。最近はあまりそういうことないけど、昔はよくあった気がしている。

なんかの作業中にグラフィックドライバを更新するのはデンジャラスであるゆえ、作業を保存し、アプリケーションを落としてから更新かけるのが無難。再起動しろって言われるし。

あと、さっき紹介したWindowsのUIからドライバを更新する手順を踏むと、バージョン戻されちゃうはず。たぶん。

◆DCHドライバ

DCH 設計原則とベスト プラクティス | Windows ハードウェア開発者

はーん。わかるようなわからんような。UIがリッチだったのはUWPのおかげだったんだろうか。っていうかUWPってことはWindows7やら8やらでは動かない…ってコト!?

昔ながらのドライバは「レガシー ドライバ」とか呼称されてるらしい。ドライバとか作ってみたいけど動機がないので手が出ない。

◆結

待ちに待ったAir Pods3が発表されたんだけど、Bluetooth 5.0だった。なぜ5.2じゃないんだろう。ググっても理由が見つからんかった。