10bace LOG

ターニングポイントさん!?

10bace LOG

BUMP OF CHICKEN「トーチ」の歌詞の意味を考察した

ひさびさの歌詞考察。

やべー曲だよなこれ。書きながらも泣けてしまって、全部読み下すのに時間かかったわ。

関連記事

トーチの歌詞はこちらから。

※おことわり※

あくまで個人のそのあれだから、お前はお前で好きに解釈しろ。

あと、考察っていうか読み方というか歩き方というか「なぜ泣けるか」みたいな仕上がりになってます。

出せない悲鳴が真夜中騒いで 四角い部屋で迷子になったら
呼びかけて欲しい 僕の中 君のいた場所から

何か辛いことがあって気持ちがザワザワーっとなっている。単なる気持ちの問題なのに呼吸すら苦しく、「ああもう!」ってな風に叫んでしまいたい。

「四角い部屋で迷子になったら」は、いてもたってもいられない状態を表している。どうにもならないのにワンルームをグルグル回って、もう自分をコントロールできない。どこに落ち着けばいいのかわからない。

そういうときがきたら。というかまさに今なのだろうけど、「君のいた場所」ら呼びかけて欲しい。

後の歌詞を読めばわかるのだが「君」はもういない。その、いなくなってしまった君の場所から、呼びかけて欲しい。声が欲しい。

醜い思いが身体中暴れて 昨日と明日に爪を立てたら
笑いかけて欲しい 僕の中 いなくなった場所から

「もう殴ってやろうか」とか「見捨ててやろうか」とか「無責任に逃げてやろうか」とか、そういう思いが次々と湧いてくる。自分じゃどうにもできない。心が暴れている。

「昨日と明日に爪を立てたら」というのは、つまり爪を立てるのは人間じゃないっすよね。なにか四つ足のケダモノを想像してくれろ。そして、そのケダモノは昨日と明日に爪を立てている。
カーペットの上で爪を立てている猫を動かそうとするとどうなるだろうか。爪が引っかかって、動かせないだろう。つまり、今日に閉じこもるようなイメージだな。

そういう時は、その暴れる自分(の感情)に笑いかけて欲しい。

そこから今でもここに届く すぐにでも心を取り戻せる

「すぐにでも心を取り戻せる」が最高に泣ける。悲しすぎる。

辛い目にあわされて全部嫌になった。気持ちが悲しくて、だけど君がいなくて、まるで言葉の通じないケダモノのようになってしまった。でも、君が笑いかけてくれるだけで人間に戻ることができる。すぐにでも心を取り戻せる。

今までは君が居た。だから、辛いことがあっても君と分かち合うことができた。君が居たから乗り越えてこれた。そして君はもういない。なんとか君のお陰で心を取り戻せても、そこに君は居ない。

震える足でも進めるように 自動的に空が転がるように
次々襲いくる普通の日々 飲み込まれないでどうにか繋いでいけるように

「ように」が2種類あるな。「~ができるように備える」と「例えば~が~であるように」。

人間に戻れたんだけど、でもやっぱり悲しいものは悲しい。立ち止まり、うずくまってしまいたくなる。だけど、その震える足でも進めるようにしなければならない。

何もしなくても自動的に空は朝になり、夜になる。それと一緒に次々と「普通の日々」が襲い掛かってくる。

わかるだろうか。普通の日々が襲いかかってくるっていう。普通に生きていたいんだけど、なんか自分のまわりが敵に見えるようなイベントしか起こらない。みんなこなしているはずの普通の日々が、自分にとっては辛いものなんだ。

そういう日々に飲み込まれて心を失ってしまわないように在らねばならない。

「ように」について、「願いが叶いますように」みたいな神頼み的意味もあるんだけど、この歌詞だと違うね。神頼みなら「繋いでいけるように」じゃなくて「繋いでいけますように」になるだろう。第一、自分の意志で成さねばならぬことだ。

とげとげした音が耳に飛び込んで それでも君のようにいたいから
見ていて欲しい 僕の中 さよならの場所から

人の悪い噂とか、悪事がバレたひとの話とか、隣んちの夫婦喧嘩とか、そういう音が自分の心をささくれ立たせていく。それでも、君のように強く、ブレずにありたい。だから「さよならの場所」から見ていて欲しい。

「さよならの場所」っつーのが重要で、主人公は君と「意識的に」さよならしたということがわかる。心にずっと君をもっておいて、ずっとさよならしないこともできる。だけど、そのままだと「君のように」いられない。だから、さよなら。

悲しい。

少しずつだけど足跡増えたよ 少しでも君のようにいたいから
ここまで続いた 僕の中 君のいた場所から

君を失くして、それから君を想い続けた。君を失くした悲しさは僕の中で暴れまわっていた。だけどいつか、心に抱えていた君の幻に縋りつくことをやめた。君のいた場所から、少しずつだけど歩いてきたんだ。君のようにいたいから。

悲しすぎる。歌詞力が高すぎる。

そこから離れていけるように 1ミリも心は離れない

君を失くした悲しさから離れるために、君の事を絶対に忘れない。君の生き方を、君の思いを絶対に手放さない。1ミリだって君から離れない。

伝えたかった思いは時間をかけて 言葉になったけど もう言えないから

君と一緒に居た時は、思いがボンヤリしていた。なぜなら君がずっといるものだと思っていたから。ハッキリさせる必要が無いと思っていたから。

だけど、君はいなくなってしまった。君を失くし、君を想い続け、そしていつの間にか、伝えたかった思いは言葉になった。

でも、伝えることは叶わない。この言葉は君を失ったからこそ生まれたものであるが、君はもういない。

君といた事をなくさないように なくした事をなくさないように
どれだけ離れてもここにある 君がいるからどこまでだって

僕が例えば「君を失くした悲しみ」に縋り続けたら。あるいは「とげとげした音」に心を囚われ、誰かへの思いやりを失くしてしまったら。

それは「君といた事をなくす」ような行為だ。なぜなら、君が大好きだったから。君の思い、君の言葉、君の笑顔が大好きだった僕が、無くなってしまうから。あのとき君は確かに僕と共にいて、だから僕は君のようにいたいと思えるんだ。

どれだけ「さよならの場所」から離れても、君が居たこと、君を失くしたことは僕の中にある。

震える足でも進めるように 今も星空が広がるように
すぐにそんな風には思えなくても 動かなきゃきっと君に会えない
会いたい 会いたい

雲がかかると星空は見えなくなってしまう。でもそれは目に映っていないだけだ。雲の上では星空が広がり、輝いている。それと同じように、今はいない君が、僕の中にいる。だから僕は震えながらだって進むことができる。君は僕の中に生きているんだ。

すぐにそんな風には思えなかったとしても、歩いて行かないと、立ち止まってしまうと、君に会えないと思う。だから僕は君から離れ、歩いてくんだ。

あぁ。

君に会いたいよ。

◆結論

いやーもーすげー曲よね。こんなんボロ泣きですわ。

※以下のリンクは自動再生注意

それにひきかえオメー「ベイビーアイラブユーだぜ」ってなんだよ。「ちゃんと聞いたらもしや?」と思ったけど以上でも以下でもなかったわ。Auroraも何だったんだ。月虹もどういう観点で読めばいいんだ。どこに迷ってどこに着地したんだかさっぱりわからん。いい加減にしろ。血界戦線でUNISON SQUARE GARDENにボコられて拗ねてんのか?自信持てよ。向こうは人の涙腺どうこうできる曲もってねぇから。

BUMPは歌詞の緻密さと切実さが最強だ。でも最近は何となくなアレが多い。歌詞厨としてはちょっと残念だよ。

あ、流れ星の正体はよかった。泣ける。何が起きたのかぼんやりとわかるのがとてもいい。ぼんやりとしかわからないのがいい。

前へ

自分の得意なことが追い抜かれたときの平静の保ち方

次へ

正直に話して

  1. まる

    その読み方は泣けますね…。

    (とくに最近よりもっと前の)バンプの曲は切ないですよね、猫が死んだりライオンが死んだり約束を果たせないまま人が死んだり、失ってしまうという事実が強くて。「新世界」と比較して表現するなら”旧世界”だと感じます。もしかしてこれって、”日本的”と表現してもそこまで意味に差がないのかもしれない。

    お上の権限が強く困ったり悲しんだりしていて、それを辛いと影で表現することはできても、変化を生むために積極的に動けないのが日本的(な美しさ)だと思います。極端なところでいえば腹切りとか特攻隊とか…失う瞬間の切なさこそが価値というか。

    「新世界」は、何もできずに失っていくばかりではなく自分で目的に向かって舵取りできている様子が窺えます。だって、曲がり角の先に(今までは失ってばかりだった)君がいることを思い浮かべられるんですから。「アイラブユー」なんて日本的じゃないですし。

    主人公自身が状況を左右できてる。そして、左右した先には君がちゃんといて、無事君のところにたどり着く。これを贈り物のようで嬉しいとはしゃいでる様子に、今まで(切なかった時期)が報われたようにほっこりした気持ちになります。

    “ハズレくじばかりでも君といる僕が一等賞”ですから。運は悪くても自分を肯定できている。「aurora」にも通ずる力強さを感じます。

    さて。

    ちょっと昔のブログ記事読みました。恋愛とか結婚制度について書いていた記事だったかな。
    たしかに日本って離婚がしづらい国だと思いました。愛情が薄くなっていたとしても、それが離婚の決め手にならなかったりする。自分より立場の強いもの(たとえば主人や世間)に従うというところでは”日本的だ”と表現した部分と共通しています。反対に、愛のある無しで結婚・離婚が簡単に決まる国ももちろんあります。幸せを優先する国です。それ以前事実婚が主流の国もある。

    たとえば、両親が仲が悪く母親に批判されている父親を見て育った男の子は、自分が女性と接する立場になってから女性へ愛情を示すことを恐れるかもしれない。
    (批判される自分が自動的に思い浮かぶからです。行動しなければ失敗もないですが、行動しなければ左右できるものもまたありません)

    愛に希薄な文化に生まれたことは、アンラッキーとしか言いようがないことで本人に責任はありませんが、不審な(愛しているのかと疑いの)目でパートナーから見られてしまい離れていってしまうものを手をこまねいて見ているしかないという状況はもったいないです。恋愛結婚が主流の今、「愛してる」の一言で繋ぎ止められるものを、経験則によって不意にしてしまう。せっかくおいそれと絆を切ることができない文化なら、愛情をつなぎとめたいものです。

    バンプが歌うと愛が浅く響かないので、わたしは”らしい”と思ったんですが、手厳しいですね。いや、わたしが甘いのかしら。頭がこんがらがります。

    とにかく。所属に縛られない自分を探している姿がカッコいいと感じる曲でした(新世界)、自分にとっては。もっといい言い方ができるといいんですけど。

    結構適当な解釈をしてしまった気がします。今とても眠いです。

    失礼しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。