◆結論

https://stackoverflow.com/questions/21527743/mysql-workbench-version-6-0-8-ssh-authentication-issue

↑で

You need to ensure that your private key is in openssh format. With puttygen you can export as Openssh. This worked for me.

とかいうコメントがあって「は?何言ってんだコイツ」と思いつつ試したら動いた。

うおおお死ね。

◆原因

今回の詰まりは「キーの形式がMySQL Workbench様のお気に召さなかった」ことが全てだ。

OpenSSHというキーの形式が大好物なんだって。アプリケーション風情が選り好みしてんじゃねぇよクソ。筐体ごと沈めんぞ。

◆やりくち

Windows10でやってる。

SSHのつなぎ方から説明すりゃいいんだろうか。いやしない。まずSSHでつないでRSAキーを頑張って生成しろ。PowerShellの「ssh -l [SSHユーザー名] [アドレス]」で接続できる状態なら「C:\Users\[Windowsアカウント名]\.ssh」にRSAキーが落ちているはずだ。

OpenSSHのキーを生成するために「PuTTY」とかいう、これまたクソUXなアプリケーションを落としてくる。⇒リンク

  • 「MSI」欄の32bitでも64bitでも選んで落とす
  • 特に何も考えずインストール
  • Windowsキー押して「puttygen」と入力し「PuTTY Key Generator」を起動
  • 「File」から「Load Private Key」を選ぶ
  • RSAキーが落ちている場所まで移動
  • 右下のファイル形式が「PuTTY Private Key Files (*.ppk)」になってるから「開発者マジいい加減にしろよ!」と五回叫びながら「All Files (*.*)」に変更
  • RSAキーを開く
  • パスワード入力して読み込み
  • 「Conversions」から「Export OpenSSH key」を選択
  • 適当な名前で保存

これでキー生成完了。

Workbench開いて「SSH Key File」をそれにしろ。

あと、「MySQL Hostname」欄が「localhost」と「127.0.0.1」を区別しているように思える。意味が分からん。アレなら両方試しておけ。

あとrootじゃ入れない可能性がある。これまた良くわからんが、とりあえず他のアカウントで試せ。

ホント無理ならHeidiSQLというのもあるらしいから、それ試せば?知らんけど。

◆結論(にかいめ)

MySQLはその周辺ごといっぺん消滅しろ。PuTTYも爆散しろ。