作ったことないけど、必要に駆られて作る。

jsとHTMLで作るらしい。まぁーいけるやろ。
この一連の記事の目的は、メモ。
作り方を事細かに解説する気はない。する気はないけどしちゃうかも。

◆作るもの

ページ上に存在するリンクをぶち抜いてリスト化するものを作る。
なんでそんなもの作るのかっていうと、ブラウザゲーからエロ画像ぶっこぬくのが面倒だから。

画像抜くだけのものなら既にあんだけど、js経由で参照しているものとか見られない。あと、とりあえずリンクだけ欲しい。ダウソは後でいい。

◆要件

  • ソース上で参照されているファイルのリンクを全部抜く
  • js上で読まれているリンクも全部抜く
  • 重複を除去する
  • リンクを取得した日時を記録
  • 「パス」「ファイル名」「取得日時」でのソート
  • パスのルートごと、ファイルの種別ごととかで分類
  • ある特定のパス以下のファイルを取得
  • 一括命名、一括ダウンロード、新規フォルダ作成

◆命名

難しいな。
File URL Storeでいいか。

いいのか?

◆準備

何すればいいのか全くわからんので「chrome 拡張 開発」でググる。

https://liginc.co.jp/web/tool/browser/163575

はい。えーと、「HTML使うよ」っていう情報から予想された通り、webページを作るようなものらしい。

  • 「Browser actions」タイプの拡張を作ればいいらしい
  • GitHubでサンプルソースを公開してくれているから、それ使おう
  • つか俺もGitHub使おう。いい機会だし。使う用事あるし。
  • エディタはVisual Studioあるからそれ使おう
  • と思ったけどCodeのほうでいいや

◆CodeとGitHubを連携させる:A

※理解してない状態で、なかばわざと勢いで進めました。ちょっと勉強したあとで書いた記事があるので、この段落Aはホント日本無価値ばなしです。
※俺の自学のためにGitを使用します。Gitを使わない人、Gitに精通している人は以降の記事をすべて読み飛ばしてくだされ。
※Gitの入門記事にすらなってないからGitを使いたい人、Gitを知らない人も読み飛ばしてください。
※つまり全員読み飛ばしてください。

ググったけどGitHubと連携できないっぽい!

よくわからないんだけどAPIでなんか「プッシュ」だの「プル」だのすんじゃないのか?Gitすら(あんまり)理解してないから何もわからん。SVNしか知らん。

とりあえずパソコンにGitをインストールした。
んで、いきなりGitHubに公開すんのもアホだから自分のOneDriveにリポジトリ建てられないかと思った。
できるらしい。

OneDrive上にgitリポジトリを構築する方法

うん。「commit」のタイポに注意な。
Gitはインストールしたから、スタートメニューから「Git Bash」を起動して真似っこすればいいだろう。

initコマンドの意味
remoteコマンドの意味

ソース管理ツール使ったことない人は意味わからんだろうな。すまんこ

真似っこした結果、リポジトリとワーキングディレクトリができたはず。
そのワーキングディレクトリをVSCodeで開いてやればいい。はず!

結果:できた。Visual Studio Codeはホント賢い。

つまり、GitHubをリポジトリにして、ローカルを今みたいな感じでCodeで開いてやれば、それは連携できているというわけだな。多分。

◆CodeとGitHubを連携させる:B

Aは無かったことにムーブ

やけっぱちで進めてみたんだけどやっぱ理解できてないね。
別記事書いたからそっちをみて下され。
ってか段落Aで張った参考リンクが適当すぎて笑える。(激怒)

Gitの説明しつつ、OneDriveとVisual Studio Codeの環境を作る

◆結論

いい時代になったね。無料で公開されている記事やらツールやらがナツンナツン出てくる。

この記事は「その②」に続く。けどまだ書いていない。書いたら更新する。追記するから神妙に待ってろ!