10bace LOG

ターニングポイントさん!?

10bace LOG

カテゴリー: 技術 Page 1 of 10

IDentityとProof of Creditのはなし

※読んでもなんのこっちゃわからんかも知れない。ごめん。読むな。

ビットコインってあんじゃん。

ビットコインは仮想通貨とか暗号通貨と呼ばれていて、「それに価値がある」と思っている人らのあいだで金銭のように使用される。

支払い、すなわち「あげた/もらった」の情報は、世界中のパソコンに共有されている。そして誰もが全てのやり取りを閲覧することが出来る。

暗号通貨のシステムを正常に運用するにあたり、Proof of Workという仕組みっつーかアルゴリズムがあるんだけど、それに問題があるから別の手段を考えてた。という話。技術者じゃなくてもわかるように書いてみる。

◆Proof of Work

ビットコインのやり取りを記録しているデータは、さっきも言ったけど世界中のパソコンに保存されている。だから、誰かが取引の内容を改竄しちゃったら困るような気がするよね。「太郎君のお財布から次郎君のお財布に500円移動しました」という記録を次郎君に勝手に作成されたら困る。というのも、ビットコインは「取引記録」から今持ってるお金が確定するんです。「コインを持っている」という感覚と、その実際のところは異なっている。

続きを読む

TRONとOSSと階段と車輪とAV1のはなし

TRON(系)っつーOSがある。Nintendo Switchとか探査機はやぶさにも使われてる組み込み系に強い国産OSです。OSSです。OSSOSです。1980年代からやってるんだぜ。すごくね。

紹介記事みたいなもの魚拓

TRONを率いている坂村健兄貴は、あの新宿駅にもポスター貼ってある「東京公共交通オープンデータチャレンジ」を主宰する公共交通オープンデータセンターの会長も務めている。ありがたい。
⇒成果物:Mini Tokyo 3D(草薙昭彦氏による。見ていて和む。かわいい。)
 ⇒紹介記事:「Mini Tokyo 3D」を使ってみた – Gigazine
  ⇒Twitterでの開発日誌:Togetter

はなしを戻す。

そのTRON(のカーネル(つまりOSの中核)であるところのT-kernel(のうち、MMU制御だのの仮想記憶管理とか画面表示だのを削ったμT-Kernel))がこのたびgithubに乗りました。

tron-forum / mtkernel_3

俺は組み込み系のエンジニアでは無いんだけども、ただ良かったなと。めでてぇ。

続きを読む

TypeScriptのNull/undefined処理のはなし

誰が読むのかわからんからクッソ冗長に説明してみる。

◆まず

例えば「hoge」というおなまえのオブジェクトがあって、それが「prop」というbooleanなプロパティを持っているときの操作について考える。

let hoge = { prop: true };
if (hoge.prop) console.log('ちばけんま!');

一行目でhogeを作成して、次の行のifにおいてhogeのpropを読みだした。その結果はtrueであるから、consoleに「ちばけんま!」とlogされた。

続きを読む

Vueのアレで「翻訳しますか?」とか言われる

◆結論

created: () => (document.documentElement.setAttribute('lang', 'ja')),

☝をぶち込め。

new Vue({
  vuetify,
  router,
  store,
  render: (h) => h(App),
  created: () => (document.documentElement.setAttribute('lang', 'ja')),
}).$mount('#app');

◆経緯

続きを読む

1を聞いて1を知るが1の意味を落とし込めてない

※むかしのはなし

何を考えているんだろうか。不思議だ。

1を聞いて10を知れとは言っていないだろう。

確かにややこしい問題ではある。10まである。でもな、「まずここだけ順守しようね。ほかは考えなくてもいいよ。」と、言ってるじゃないですか。20回は言っているはずだ。いや、ちょっと盛ったわ。でも10回以上は言っている。

それを破ってくるのは何なんだ。さすがにおかしいぞ。守から破して離だろうが。「破ぁ!!」じゃねぇよ。

続きを読む

ブラウザゲーからデータを引っこ抜く論

ブラウザで遊ぶことができるゲームがある。Webで遊べているということは、データがブラウザに落ちてきているということだ。

だから、うまくやればデータを抜き取って保存することもできよう。

続きを読む

【C#】LINQの可読性

以下の記事に「LINQ 可読性」っていう検索流入があるんで、そのはなし。

初めてLINQという記法を見た人にはなんのこっちゃわからんだろう。
※LINQという名前を冠してはいるが、別に特別なことをしているわけでは無い。だから「LINQという記法」という言い方は正しくない。「LINQのクエリ式」だけが記法として独立している。

結論から言えば、LINQは読みやすい。ただ、学習コストがあるのはある。お前が最終的に達成すべきは顧客満足であって、そのためにLINQの「学習コスト」「開発工数」「保守工数」について考えねばならんだろうな。

◆LINQは何をしているのか

続きを読む

十六進法とか32進法とか64進法のはなし

※以下の記事の続きというか補足のようなもの。

十進法、二進法について了解していただいたわけであるが、十六進法というものもありがち。それについて。

※あと、「二進法のはなし」の内容で誤解を生むような説明があったからちょっと修正した。どことは言わんが。(2020/2/12)

◆十六進法

基数が16ってだけっすよ。

続きを読む

二進法のはなし

こんにちは。コンピュータ・アーキテクチャを意に介さぬ悪辣な文系プログラマー集合の1要素であるお前よ。また会ったね。お前は本当にどこの現場にもいるね。

今日は二進法の話を聞かせてあげよう。暖炉の前においで。寒かったろう。

さて、大好評秒読みの「テメーらは説明が下手なんだよゴミども」シリーズである。今日は二進数、二進法について。

ホントはコンピューターに繋いだディスプレイで文字が表示できる理由について話そうかと思ったんだけど、書き進めていくうちに予定が激しく狂ったんだ。だから二進法の話をするよ。

◆十進法

まずその、十進法について知っているだろうか。

あ、知らない。そう。…え?

…じゃあ、数字を思い浮かべろ。

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

何文字ある。数えろ。声を出して数えろ。

続きを読む

Internet-Draftめんどくささ

あの、前に話してたアレあんじゃん。

このアレをアレしようとして色々アレ読んだんだけども、吐くほど面倒。

◆すること

IETFっていうインターネット技術を取り仕切ってる雰囲気のある機関に「こんなんどうよ」ってアイデアをぶん投げるんだけども。英語で。

内容はデータ記法のアイデア。JSONとかCSVとかあんじゃん。それ系。

続きを読む

Page 1 of 10

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén