ふさ子のポテンシャル」みたいなタイトルになってっけどよ!!!(くりぃむしちゅー上田)

いや、ようやるわ。感心しました。

ドラクエウォークが面白いよという話を書いたんだが、こないだちょっと怪しい動きをしていた。「おっクソゲーかな」と思ってブッ叩く記事を書いたんだけど、それが全部無駄になりましたね(消沈)。

なかなか無い感じの勢いで修正してきた。それについて。

◆試練の扉

ことの発端は「試練の扉」というイベントだった。各地に「扉」が配置されてそこでイベント戦(個人)に挑戦できる。

扉のボスモンスターを倒すと、そのモンスターの「こころ」をひとつ入手することができて、そのこころはD~Sのランクを持っている。Dを合成してC。Cを合成してBを作ることができる。低確率だがSとか直ドロップすることもある。

1~4週目まであって、それぞれでボスモンスターが異なる。

いろいろ問題のあるイベントだった。各問題と、その修正について列挙してみる。

▼異常な難度

扉には「初級」「中級」「上級」があって、その上級が意味の分からん難易度だった。1週目の上級ボスモンスターはガメゴンで、そりゃあもう強かった。つむりんママバイキルトをガメゴンにかけ、ガメゴンは超クッソ激烈に痛い全体攻撃をブンブンふってくる。マホカンタとか唱えやがる。

けど、2週目のスカルゴンからはある程度で倒せるようになった。

各地にある扉それぞれにランキングがあって、その上位を競う遊びでもあったんだけど、それにしても1週目の難易度はおかしかった。意味不明。

1週間でちゃんと折り合いつけて、2週目から調整をかけたのは偉い。

そしてなんと、救済措置として4週目のボスモンスに1週目のボスモンスがバーターで参戦した。むろん両方のボスモンスのこころが手に入る。ギリギリの救済措置だ。あんまり救済しすぎると1週目でガチった人から文句が出るだろう。ギリギリだ。よくやったと思う。

▼長い

扉では、モンスターのむれと連戦をしなければならない。1週目は7連戦しなければならなかった。しかもラストにガメゴン。これは、めっさ時間がかかる。難易度以上に時間がかかることがつらい。扉に挑戦するためのアイテム「鍵」がガンガン手に入るのに、扉の挑戦が1回15分ほどもかかるもんだから、もう風邪をひいてしまうよね。

中級でも6戦。10本のカギを使い切るのだけで死んじゃう。

2週目からは5戦になったし、弱化調整が入ったから遊びやすくなった。

▼扉の挑戦可能範囲が狭い

位置ゲーであるから、その場にいないとイベントをこなすことはできない。しょうがないね。

いつだったか忘れたけど、挑戦可能範囲がかなり広くなって扉を周回しやすくなった。自宅から届くようになった扉もあるし、ちょっと出れば意識低い系の喫茶店ででも挑戦できる扉があるだろう。外で不審者みたくなる必要がなくなった。

▼カギの所持限界数が少ない

これは別にどうでもよかったが、10本が限界だったのが50本になった。うれしく思った人もいただろう。鍵の消化に日々追われることがなくなったな。二日くらいさぼっても、そのあと集中してこなせば消化できるようになった。

▼こころの必要数おおすぎ

Sランクまでもってくための、心の必要数が多すぎた。二週目の奴からは減った。

◆結論

いやマジでポケGOはなんだったの?あのとことん腹立たしいゴミクソ運営はなんだったの?やっぱ普通にゲーム作ったら普通にゲームできるよね。俺が正しかった。んでDQWは(いまんとこ)良運営だから落差がひどい。耳キーンなるわ(フットボールアワー後藤)。

今はDQ4のイベント始まって、これもまー楽しい。新要素で遊びの幅をしっかりと広げてくるし、反省をちゃんと生かしている。リリース二か月で深度で言ってもポケGOを遥か後方に置き去りにしていったな。

課金の必要ねー感じにジェム配ってるけど、後半のガチャ来たら5000円くらい課金したろうと思う。ジェム配布を絞らなかったことを評価したい。ユーザー捕まえてから、なおも配り続けることを評価する。「そんな何十万も課金しなくていいよ。歩けよ。」という態度に同意する。ユーザーを楽しませたいという気概を俺は現金で応援する。

ちょっと新要素がハイスピード過ぎてネタ切れが不安になるけど、それよりも芯の部分で気持ちのいいゲームだ。是非に海外に輸出してほしい。ポケGOとかいう日本の汚点を廃棄処分してほしい。