※雑な記事、つまり思ったことを書いた記事です。だから他のアレほど読ませる感じに書いてないです。

他人をボコボコにこき下ろす記事を今まで幾らか書いてきていて、楽しくってしょうがない。

批判とかありうる、というか人を憤慨させるような内容に仕上がってる記事がある。だからコメントきたらノーチェックで通そうと思っていたんだけど、こない。それなりに読まれてるんだけどね。「まーこんなもんか」と思っていた。

が、ブログを読んで憤った立場になって考えてみるとコメントってなかなかしづらいなと思った。俺も人のブログにあんま書き込もうとか思わねぇし、あともしも誤字脱字があったら「コメント訂正してください」ってなって面倒だし恥ずかしくねぇか。だからTwitterのアカウントを晒すことにした。

Twitter全然やってないからゴミみたいなアカウントなんだけど、このブログみて傷ついた人がいたら何とか文句を言ってほしいなと思った。

◆以下とりとめのない文(無価値)(駄文)

▼Twitter

Twitterアカウントを右のツールバーにのっけた時に、(説明不足により)ちょっとクリックされてた。7回くらい。「俺の私生活に興味持ちやがって…w ふふ…w」と、何やら少しうれしい気持ちになった。俺に興味を持ったんなら、女なら結婚してほしいし男ならケツを掘らせてほしい。

出会いたい。女と出会いたい。うおおおお。ハァハァ。うおおおおお。あああああああああ。ウッ…。うおお。性欲うおおおおおおおおおお。

性欲って言葉つかったんだけど、性行為がしたいってわけじゃなくて、いやしたくないわけじゃなくて、あの、異性に対する欲っていうか、じゃれあいたいというか、気持ち悪い意味じゃなくて、つまり首筋のにおいをかぎたいだけなんです。わかる?

…わかんない?じゃあもう帰れよ!金輪際このブログ読むな!畜生が…(泣)

そいで、やっぱTwitterって出し切れない感じがある。あと礼儀とか戦闘力表示とか、馴れ合いとかになっちゃって変な気持ちになるじゃん。ブログのほうが気楽でいいやね。だから今はツイッターやらないでおく。

▼性欲と男女関係のはなし

語れば語るほどドツボにはまるから話題として終わってるんだけど、この記事は性質上ほぼ読まれないだろうから話しておこう。一記事に起こすと読まれちゃうなぁと思って書かないでいたんだ。ちょうどいい。

まずね?どんな男でも存在の本質として性欲があるんですよね。デブには一切性欲わかないけど、性欲は前提。隙あらば出会いたい。これはしょうがない。でもみんな表にはださないし、出しちゃうと観測した人が不快に思うでしょう。惨め(みじめ)だし。さっきの惨めだったでしょ?

性欲にも種類というか、他人を見下してるタイプの性欲がある。人によって「性欲の質のヤバさ」があるんじゃないか。と思うけど長くなるからとりあえず詳しくは書かない。

もう一回いうけど、男は誰しも性欲がある。脳や身体、精神に障害を抱えていない限り例外はない。生物としての存在意義は生殖であるから、何らかの洗脳、幼児期の異常な教育、虐待、ホルモンバランスの乱れ、脳障害が無い限り性欲がある。性欲欠如が治療の対象になるくらいだし。

哲学者もアイドルも芸術家も技術者も、だれでも性欲がある。そんなもんでセクハラも発生しますね。男は裏で良くないことしますね。相手を見下してないと無理なアレではあるが。

それは置いておいて、つまり何が病んでるかっていうと、性がタブーになっちゃってることだと思う。性がオープンならセクハラは発生しづらい。

ぼく:「すみません。セックスしてくれませんか?(もじもじ)」

おんな:「いやです。なぜなら顔がきもちわるいからです。」

ぼく:「嫌なんだ…嫌ならしょうがないな。別の人誘おう。」

これで終わり。大抵は。

身近でセックス相手がいなかったとして、インターネットが発達してるわけだから出会い系も国営で作れるだろ。

でも性表現は嫌われるから表立ってできない。しかし男には性欲がある。どうなるか。裏でセクハラや痴漢が発生する。レイプ、性的虐待が発生する。これは困りものですよね。

だからMeToo運動もバンバンやって頂いていいんだけど、性がタブーである限り一生解決しないぜ?とも思う。

※バンバンやっていいと言ったけど、日本のMeToo運動は微妙に終わってます。

はあちゅう、椎木里佳、ジャスミンゆま

上記三人の行動により鎮火されました。女性同士で団結して歴史上ずっと足を引っ張り合ってるのは何なんだろうか。個々人が殺す気で真面目にやりゃいいだけなのに。

そいで、非モテは家でAV見ながらオナニーするしかないから人口が減るよね。少子高齢化社会になって働き手が減って年金問題だよね。国力が下がるよね。

だから、なんだろう。日本民族は滅ぶんだよ。移民だけの国になるような。

あと「操を立てる」が重視されているから一夫一妻制だよね。一夫多妻制、多夫一妻制は個人的に嫌だけど、でもお金持ちの人が一人しか配偶者にできないのはどうなの?配偶者と子供が沢山いれば、そのためにとりあえずお金使うだろ。それは誰も損してないどころか、良いんじゃない?ってか良い悪い言ってる場合じゃなくて、人口を増やさないとまずくねぇか?

多対多?それは…なんかヤバいな。倫理の彼岸を感じる。

あと、選り好みがしづらい。「一人選んでそこに尽くす」のが基本的な姿勢だから、しょうもない人間を選んじゃったらそうするしかない。そんなもんで子供が生まれても虐待しちゃったり、一度きりの人生を何十年も良く分からん人と過ごしてから離婚することになる。自然界では良質な遺伝子が後世に残っていくようになってるんだけど、一夫一妻制ではそうもいかなくなってきた。困ったことだ。

外見で選ぶ、選ばれるのもしょうがねぇわ。「好み」は遺伝子により発生するんだから、ひとえに良い個体を相手に選ぼうとする生物としてのサガだ。外見良くても性格ダメなら人生単位で辛い目にあうけど、どっちも持ち合わせている人間が果たして自分なんぞを選んでくれるだろうか?つまり自分から相手を探しに行くしかないんじゃねぇの。そして例えばコミュニティ内で相手を選びにかかると、条件により「セクハラ!」って言われたりすることもあるんだよね。裏でごにょごにょやるしかないからね。だからオープンにしたったほうよくない?

それと、「あの女、前の彼氏と別れた二日後に新しい彼氏作ったらしい。」って話題がなされると思うんだけど、それってタブーだからタブーなんじゃない?最初っから別に彼氏複数いてもどうでもない世界ならフラれることもフることも重大にとらえずに済んだんじゃなかったか。心を破壊される人も少なかったんじゃないか。謎の時間に泣きながら電話かけてくる人も減ったんじゃないか。

例えるなら「転職が半分タブーな社会」みたいな感じだな。「会社に奉仕するべきだろ」的な価値観。でも会社がダメだったらどうすればいいの?って思わないか。現実ではむしろ副業みたいなのも許されてきているが、男女関係はまだ縛りが多い。

会社なんて今時じゃあ変えて当たり前じゃんか。それを終身雇用だとか言って会社は無能を抱え続けるし、やればできる人間が無能会社に縛られ続けるしだ。それが今はもっと単純になってきている。いやな会社なら退職。ダメな人間は解雇。そうしないとどっちも腐っていく。婚姻とかももっとシンプルになればいいんじゃない?

わかってるとは思うけど、とっかえひっかえしろって言ってるんじゃあないし、不倫はゴミだよ。自分を信頼している人を騙しているわけだから。ただ、現状は選択肢が限られすぎ。

言いたいことは以上。この話題はこれで終わり。

▼論客

ろん‐きゃく【論客】
好んで議論をする人。また、何事に関してもひとかどの意見をもち、それを堂々と述べたてる人。議論家。ろんかく。

コトバンク – 論客

このブログの記事に対する「おめぇ間違ってんよ」っていうコメントをずっと期待していたんだが、こない。論客はいないのか?Twitterで双方あつくなっちゃって言い負かされたくなくて到達できない会話をずっとしてる奴らはよく見るけど。

それもネット上の口論って結構しょうもないのが多くて、勝つことを目的としている奴らが多い。いや、現実社会でもそうだ。

変なプライドをもったおじさんが多い。目的意識が無いというか、マウントを取りに行っちゃう人たち。そんなんしてどうなるの。みんな幸せになりたいだけなんじゃないの。違うの。

実りある会話をさせろよ。感情論の方がまだ合意とれるわ。稚拙な理論で歯向かおうとするのは無謀というか、言い負かしてあげてもいいけど誰が得するんだよ。「いや、話ずれてきてるんだけど、あなたはどこを目指してるの?」っていう質問を何回も言わせないでくれ。

議論の相手を敵だと思うのは馬鹿げている。

あと、若手。いや俺も26だけど、若年層のあのヘタレようは何だ。思ってることあるなら手を挙げてでも発言しろ。「あなたはどう思っていますか」って当てられてから話し始めるのは何なんだよ。疑問があるなら口を挟め。自分からかませ。論が許されないのであれば、許される環境に行け。議論のできない会社にいて人の世の為に何ができるんだよ。ついでに言うとスマホガン見しながら往来を歩くな。

しょうもねぇザコっぽいおじさんとか道端に転がってるだろ?テレーっと生きてたらソレになるぞ。どうせおじさんになるんだから普通以上を目指した方がいいだろ。

話の主題を捉えて議論をするという能力を持っていない人が多い。反論を攻撃だと思う人も多い。知識のないことを、「知らない」ということを罪だと感じる人も多い。全部だめだ。議論は「こうだ」「こうあるべき」「これが正しいから実はこっちがこうなのが本質的な問題で、これをこうするべき」とかいった感じの真実を空気中から掘り出す共同作業でしかない。

でも…まぁいいや。なんか。くたばれ。

はなしが逸れたけど、以上。

◆結論

そんなもんねぇよ。