喜劇王チャップリンの「独裁者」で最後に披露される演説を和訳した。

全編蝋人形にしてやろうかと思ったけど面倒すぎた。お前がしろ。
宿題をカンニングしにきたホモは、意訳だから全部あてにしたら駄目だよ。(1回目の兵士諸君!のあたりにでかめの意訳がある。他にもあるけど。)
っていうか一回この映画見てきたら?超良い映画だぞ。

※おことわり※

意訳やら超訳やら意図的な語句無視とかがあるから気をつけなはれや。
この和訳は無断で自由に使ってくれて構わんが、出典を書くなりするのが杏マナーだろがい。

ググった単語についてはリンクを張っていくから参考にして、どうぞ。

原文はここから

************************************************************

I'm sorry, but I don't want to be an emperor. That's not my business. I don't want to rule or conquer anyone.

申し訳ないのですが、私は国家元首になどなるつもりはありません。
私はそんなものに興味はない。
誰かを束縛したり、征服するようなことはしたくありません。

I should like to help everyone - if possible - Jew, Gentile - black man - white.

私は、もし叶うことならば、ありとあらゆる人の助けになりたい。
例えその人がユダヤ人であっても、ユダヤ人では無くても、黒人でも、白人でも。

We all want to help one another. Human beings are like that.

私たち誰もが、お互いに助け合って生きていく事を望んでいます。人類はそのように生きてきた。

We want to live by each other's happiness - not by each other's misery. We don't want to hate and despise one another.

私たちは、お互いが、お互いに幸福である世界で生きたいと思っています。誰も他人の不幸や苦痛などは望んでいません。誰かを嫌いたい人間なんていない。

In this world there is room for everyone. And the good earth is rich and can provide for everyone. The way of life can be free and beautiful, but we have lost the way.

この世界は、私たち人類全員が生きるのに十分なほど広く、また、十分な恵みをもたらしてくれます。
私たちは、私たち自身の人生を、自由で、美しいものにすることができます。しかし、私たちは生き方を見失ってしまいました。

Greed has poisoned men's souls, has barricaded the world with hate, has goose-stepped us into misery and bloodshed.

欲望がヒトの心を穢し、欲望が憎しみで世界を分かち、欲望が私たちを、悲劇と虐殺の世界に引きずり込みます。

We have developed speed, but we have shut ourselves in. Machinery that gives abundance has left us in want.

世界は急速に発展しました。しかし、私たちは私たち自身を、閉ざしてしまった。
豊かさをもたらしてくれる機械は、逆に私たちを貧しくしました。

Our knowledge has made us cynical. Our cleverness, hard and unkind. We think too much and feel too little.

知識や知恵が私たちを冷酷にし、頭脳が、私たちを薄情者にしました。
過剰に頭を使い、心で感じることが疎かになってしまった。

More than machinery we need humanity. More than cleverness we need kindness and gentleness. Without these qualities, life will be violent and all will be lost….

私たちが今必要としているものは、機械ではありません。他人への愛だ。
賢くあること以上に、優しく、寛大であるべきだ。
他人への優しさや思いやりを無くしてしまったら、人生は暴力的になり、やがて・・・すべてを失ってしまう。

The aeroplane and the radio have brought us closer together. The very nature of these inventions cries out for the goodness in men - cries out for universal brotherhood - for the unity of us all.

飛行機やラジオの発明は、私たちの距離をより近くしました。
それらの発明は、人をより良くし、世界を一つに、私たち人類を一つにする力を持っています。

Even now my voice is reaching millions throughout the world - millions of despairing men, women, and little children - victims of a system that makes men torture and imprison innocent people.

今も私の声は、世界中の何百万人もの人に届いています。何百万人もの、絶望の中にいる、男性、女性、子供達にです。
国の体制が為に、彼らは拷問を受け、罪なき罪で収監されています。

To those who can hear me, I say - do not despair.

今、この放送を聞いている人すべてに、私は伝えたい。

希望を捨ててはいけない。

The misery that is now upon us is but the passing of greed - the bitterness of men who fear the way of human progress. The hate of men will pass, and dictators die, and the power they took from the people will return to the people. And so long as men die, liberty will never perish. …..

我らを苛む悲劇は、いつか欲望と共に過ぎ去っていく。
人類を苦しめているものは、その人類の発展に恐れ戦く
憎しみは消え、独裁者は死に、人民から奪われた権利は、そのあるべき場所に還る。
独裁者はいつか死ぬ。独裁者が死ぬ限り、我らの自由が失われる日など永遠に来ない。

Soldiers! don't give yourselves to brutes - men who despise you - enslave you - who regiment your lives - tell you what to do - what to think and what to feel! Who drill you - diet you - treat you like cattle, use you as cannon fodder.

兵士諸君!決してケダモノに落ちぶれてはいけない!

誰に侮辱されようが!虐げられようが!隷属されようが!行動や思想、感情さえも縛られようが!

調教されようが!束縛されようが!畜生のように扱われようが!消耗品のように使われようが!

Don't give yourselves to these unnatural men - machine men with machine minds and machine hearts! You are not machines! You are not cattle! You are men! You have the love of humanity in your hearts!

決して人の心を失ってはいけない!機械の心を、機械の魂を持ってはいけない!
君は機械ではない!君は家畜などではない!君は人間だ!
人類に対する愛を、君は確かに持っている!

You don't hate! Only the unloved hate - the unloved and the unnatural! Soldiers! Don't fight for slavery! Fight for liberty!

憎しみを捨てろ!忌むべきは、憎しみと、人間らしさを失うことだけだ!

兵士諸君!奴隷を造るために戦うんじゃない!自由の為に戦うのだ!

In the 17th Chapter of St Luke it is written: “the Kingdom of God is within man” - not one man nor a group of men, but in all men! In you!

「ルカによる福音書」第17章にこう書いてある。

"神の国は人の中に存在する"

誰かの中ではない!人々の中でもない!全ての人間の中にある!君の中にあるのだ!

You, the people have the power - the power to create machines. The power to create happiness! You, the people, have the power to make this life free and beautiful, to make this life a wonderful adventure.

君たちは、すべての人々は、力を持っている。機械を作る力をもっている。そして、幸福を創る力を持っている!
自分自身の人生を、自由で美しいものにすることができる!
人生を、素晴らしい旅にすることができる!

Then - in the name of democracy - let us use that power - let us all unite - let us fight for a new world. (原文一部修正)

今こそ、民主主義のもとに戦い!民主主義のもとに団結しよう!新たな時代のために戦おう!

 A decent world that will give men a chance to work - that will give youth a future and old age a security. By the promise of these things, brutes have risen to power. But they lie! They do not fulfil that promise. They never will!

「正された世界は人に雇用を与え、若者に未来を、高齢者に安全を与えるだろう。」国家社会主義のケダモノどもは、そんな約束をして支持を得てきた。だがそれは偽りだ!奴らが約束を守ることはない!永遠にだ!

Dictators free themselves but they enslave the people! Now let us fight to fulfil that promise! Let us fight to free the world - to do away with national barriers - to do away with greed, with hate and intolerance.

独裁者たちは自由を得た、だが、その代わりに人民は奴隷となった!
今こそ戦おう!約束を果たす為に!世界を開放するため、国家の壁を廃絶するために戦おう!欲望や、憎悪、不寛容と戦うのだ!

Let us fight for a world of reason, a world where science and progress will lead to all men's happiness. Soldiers! in the name of democracy, let us all unite!

科学と発展が、人類を幸福な未来へと導く世界のために、戦おう!
兵士諸君!民主主義の名の下に、我らは今ひとつになるのだ!

************************************************************

感想

くぅ~疲れましたw これにて完結です!

つべで見た動画の和訳がなんとなく正しくないような気がしてやった。後悔はしていない。まぁ俺の和訳も正しいのかはわからんが。

原文を尊重したり日本語として意味を通そうとしたり感動的な文章にしようとしたりリズム感を良くしようとしたりラジバンダリしてもがいた形跡を感じ取っていただければ幸甚です。

2018/2/18追記:

原文で

Then - in the name of democracy - let us use that power - let us all unite. Let us fight for a new world - a decent world that will give men a chance to work ~以下略

って文があったんだけど、"let us all unite." でピリオド打つのおかしくない?
と思ったから、修正してます。

結論

ぐう正論

っていうかハリーポッターの和訳はまーだ時間かかりそうですかねー?