ターニングポイントさん!?

タグ: .NET

Azure DevOpsにあるパッケージ使ってdotnet runする

どうもーーーバックエンドエンジニアどぅえーーーーっす!フゥーーーアッ↑↑↑↑

◆結論

  • Azure Artifacts Credential Provider
    • iex "& { $(irm https://aka.ms/install-artifacts-credprovider.ps1) }"
  • 「dotnet run」に「--interactive」をつける。
    • リストアなら「dotnet restore --interactive」とか。

◆いきさつ

【C#】非同期処理の書きっぷり

この記事では学術的正しさについて説明しない。そういう記事はほかにあるから。単に書きっぷりについて話す。

なぜか?それは、初心者って書き方に迷うから。

本来は厳密なコードの書き方をするべきっていうか、コードの意味を理解して完璧なコードを書くべきではある。だが、完璧な状態からあえて崩すこともあろう。リスクやデメリットを承知したうえで、メリットが勝るんなら崩す。問題を解決するためにな。解決すべき問題を解決するのがエンジニアですから。

◆awaitすんな

public async Task<int> Piyo()
{
    return await Task.FromResult(1);
}

これ。よく見かける。例えばDBやらHTTPやらの通信するときって、Asyncメソッド使うじゃん?そのデータアクセス処理を切り出したのは偉いんだけど、asyncメソッドにしながらreturnで一度だけawaitしておる。

【.NET】BlobServiceClientFactoryはあったんだ!

依存性を注入することと依存性を逆転することにしか人生の喜びを感じられぬ土方プログラマー共。元気だったか。俺だよ。

俺たちはいつだってBlobServiceClientFactoryを探してきた。そうだろ?今日、お前らをこの執務室に集めたのは他でもない。ついにそのBlobServiceClientFactoryが見つかったんだ。

地の文:岡島が伝えた希望の言葉は、それでも開発者たちのコーディングする手を止めることは出来なかった。一瞥を投げかけたものもいたが、岡島が顔を向けるのを察すると焦るように作業に戻る。虚しさだけが漂っている執務室。壁の巨大掛け軸に描かれている「三代目大谷鬼次のDI」の絵図すら冷ややかな視線を投げかけているように見えた。

地の文:「どうせいつもの"オレオレBlobServiceClientFactory"なんだろ…」という、諦めにも似た気持ちが彼らの世界を支配していたのだ。岡島はおもむろに脱糞すると

~以下略~

◆結論

Best practices for using Azure SDK with ASP.NET Core

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén