◆何があったか

今日、モーニングショーでふるさと納税の特集をしていた。
「返礼品が寄付額の3割以内」「地場産品のみ」という縛りが設定されるということについて玉川徹と長嶋一茂が「返礼品の上限つけるな」とか「地場産品じゃなくてもいい」とか、かなり厳しめの言葉を使ってずっとコメントしていた。

参考:通知守らぬ自治体は対象外=ふるさと納税見直しへ-野田総務相

◆どう思ったか

いや、アホかな

と思った。玉川徹は俺がこの番組を見始めてからアホの娘だった。表面的な部分しか考えられていなくて、ちょっと頭巡らせればわかることに言及できていなくて辛い。

だけど長嶋一茂が同調していたのが少しショックだった。

◆なんで制限を設けるのか

・3割制限

だって、1万円の寄付に1万円の返礼品が出るんだったらみんなそれを選ぶよね。そしてそれをメルカリで売ればいい。でもそれは地方が使用できる財源としては機能しないでしょう?上限が無かったらただのチキンレースにしかならない。

「金券(地方の商店街等で使用可能なものなど)はダメ」っていう話に、玉川徹は「金券でもいいじゃん」って言ってたけど、本当に頭が悪いんだなと思った。頭が悪いというか世間知らずなのかなぁ。俺よりも年齢的に大人な筈なのにな。

・地場産品だけ制限

制限なかったらどの地方も同じ返礼品になっちゃうじゃん。

「じゃあ返礼品なんていらないじゃん」になるよね。実際いらないんだけど。

◆そもそも論

自分の「ふるさと」に納税したいという誠意が「ふるさと納税」だ。「ふるさと」と「出身地」は違うということに注意な。そこも玉川徹は理解できていなかった。

それが、地方がパイを取り合うチキンレースになってしまっている。それを「返礼品禁止」にしてしまわない総務省のある種「譲った」形が「制限」だ。

それを玉川徹は理解できていない。野田総務相への批判なんかしていた。「総務省の思うようにしたいだけ」なんて言っていた。恥ずかしすぎる。見ていて胸がキュンとした。残念だ。なんでコメンテーターやってんの?向いてないよ?転職しろ。

◆結論

玉川徹をどうにかしろ。
いつもは(玉川徹よりも頭の巡りのいい)羽鳥慎一がいるからセーフだけど、今週はたしか夏休みとかで不在だったからもう大変だ。アウトだ。

智将コメンテーターが一人くらい居てもいい。「たまがわ、ハハハ」くらいの感じで楽しめる。でも智将二人にセーブが利かない状態を地上波に流すな。放送事故ぞ。