◆はじめに

JASRACという一般社団法人を知っているだろうか。
「日本音楽著作権協会」とも言う。

音楽の著作者から、その権利の一部の信託を受け、管理をしている会社だ。
詳しく知らない人は行けぇ!なんばパークス!

JASRACは、素晴らしいはずの仕事をナメた態度で遂行している。
それゆえ、多くの人を怒らせている。

結論をお話しすると、ダメな点は「進歩していない事」がすべてだ。

じゃあ見ていこう。

◆印税の支払いが不透明かつ適当

カラオケとかライブハウスで歌われた楽曲に対して、俺たちは使用料を払わなければならない。
それはそうだろう。じゃないと曲を作った人が飢えてしまう。

だけど、その分配の方法が適当すぎる。
俺が払った金がどこかに消える。届いたり届かなかったりする。
参考リンクを見てみてくれ。

参考リンク:JASRAC著作権使用料の分配問題

昔ならいざ知らず、IoTだのなんだの言われてる時代だぞ。
どうにでも集計出来るだろ。

「自曲カラオケをヘビロテ、著作権料1700万円不正受領」斬新な手口に絶賛の声

ほらみろ。こういう事件おこるじゃん。
不正かといわれると、それもまた微妙じゃないか?

JASRACが勝手に、適当に定めたルール内で、勝手にやったことでしかない。
ロジックがおかしいって事が露呈しただけだ。それを指摘されてJASRACが逆ギレしているだけに見える。
直す気もないようだ。

音楽を作った人に対してちょっとした敬意でもあるのなら、もっと真剣なルールを定めることができるだろう。
どんぶり勘定がすぎる。

あとなんか、作者死亡の相続無しとかで権利が浮いてる音楽の使用料ってどこに行ってんだろコレ

◆でも集金は熱心

なんか色々ニュースになってるよね。

音楽教室から使用料を徴収するとか葬儀でかける音楽でも使用料を徴収するだのなんだの。

頑張っていると思う。
けど誰のために頑張っているのか、音楽がどうなればいいと思っているのかが分からない。

こういったJASRACの姿勢に対して、賛成する人も多数いるだろう。
それはいいとして、反対意見が出ないと思ったんだろうか?
普通に考えれば出るに決まってんだろ。

そこを解決しないまま、権利者に対して何の相談もなく「徴収するから」って言ってしまうのはおかしい。何様のつもりだ?

選べるようにできないの?然るべきシステム開発会社に発注すれば絶対できるよ。
難易度は高いかもしれないけど、だからってやらないのは怠慢だ。

◆音楽を使えない

ある曲をコンサートで演奏したいと思った時、とりあえずJASRACのサイトを確認してみるだろう。
「音楽をつかう方」というタブがあったので、クリックしてみたとする。

http://www.jasrac.or.jp/info/

いや、これ使う気起きる?

提出方法 : 1.FAX 2.郵送 3.支部窓口に提出

って何?何時代?

ネットからのお申込みも可能です

できるのかよ。
「可能です」じゃねぇよ。当り前だろ。
そっちを先にアナウンスしろ。なぜFAX郵送を先に見せた。
インターネット環境無い人がこのサイト見てると思ったの?それどういう状態なの?

まぁいいや。ネットで申し込むわ。

https://j-opus.jasrac.or.jp/

いやもう、ふざけんな。

何だこの・・・何だ?
ホームページビルダーで作ったのか?

※当サービスをご利用いただく際は、Internet Explorer 11をご利用いただきますようお願いします。
※ブラウザの「戻る」ボタンや「進む」ボタンは使用しないようにお願いします。
※作品検索サービス(J-WID Master)をご利用の際は、ブラウザのポップアップブロックを無効にして下さい。

なんの話をしてんの?

2004 JASRAC All Rights Reserved.

やかましいわ。

いやまぁいいけど。音楽使いたいし。

JASRACの音楽検索データベース

なにこれ・・・詳細に検索できそうでできない・・・タイトルが同じ曲いっぱいでてくる・・・こわい・・・
しかもこの検索ページ、毎年GWに「メンテナンスです」とか言って使用不能になるんだぜ?

◆NexToneおしい

そんなだらしねぇJASRACから逃げるために、新たな音楽著作権管理法人が発生した。それがなんだかんだあり、NexToneという会社ができた。

NexTone

おぉー!今風!わかりやすい!
そして、惜しい!そうじゃなかった!

JASRACがダメなのは分かり切ってただろ!なぜ根本の仕組みをフォローした!?

必要だったのは「管理事業者」ではなく「音楽著作権管理支援システム」だったんじゃないか?各自が著作権を自由に行使できるシステムを作ることができた。その上で「著作権の代理徴収オプション」を提供することもできた。そのシステム内で「JASRACに信託する」みたいな選択肢さえ作ることができただろ。

なにをやってる・・・

あと対応してる曲が少ないのは分かるんだけど、管理してない曲も検索できるようにしとけ。

◆つまり何が必要なんだよ

音楽作る人の権利が守られることもそうなんだけど、それ以上に音楽作った人が幸せを感じるようなものがあればいいんじゃないかなぁ。

権利守られて不幸か、権利守られなくて幸福かならどっち選ぶ?
「権利守られて幸福」が一番いいんだけど、バランスを考えないと駄目だよね。

また、音楽聴く人、音楽使う人が幸せにならないといけない。じゃないと大気中の音楽濃度が下がる。音楽濃度が下がると窒息して死ぬ人が出る。
音楽聴く人が増えればいいし、音楽を勉強する人が増えればいいし、音楽を演奏する人が増えればいい。
作曲でも作詞でも編曲でもアレンジでも演奏でもマネージメントでもいいから、音楽で食っていける人を増やそうよ。

あんまり練ってないけど、必要になるものはつまり

  • 著作の権利を管理できるWebシステム
  • 音楽配信、投稿、利用サイト

の2つじゃないだろか。
「1つにすれば?」ってお前はいうけど、1つに癒着させるとクソになりそうな気がする。するっしょ?
人を囲い込むだとか、コンテンツを独占するようなことはしてはいけない。単純に一番いいシステムが生き残る世界のほうが都合がいい。

▼管理システム

要件①:信託

著作者の代わりに、著作の使用料を徴収できる。
「音楽を使っている人が全員自己申告をする世界」では権利の信託とかされなくても別に良かったりもする。

でもそんなこともないわけだから、信託もされなければいけないだろう。

また、巷で楽曲を違法に使用している人間を通報できる仕組みが無ければいけないと思う。許可なく楽曲を演奏して金を得ている人間がいるから。
が、グレーなものに関しては「極力寛容に対処してくれ」と著作者にお願いしなければならないだろう。

要件②:透明性

データはデータのままでは価値が無い。

レポートにしろ(至言)

「この曲がどう使われてどう利益を生んだよ!おめでとう!」
ということをね、知りたいじゃないか。1日単位で知りたいじゃないか。生きるモチベーションになるじゃないか。

要件③:納税

できればな。

要件④:個人も法人も

楽曲を持ってる個人がいるのならば、活動をマネージメントしてもらって、そのおかげで今までやってこれた音楽家もいるだろう。

だからそのどちらにも対応できないといけない。

要件⑤:可塑性

UTD姉貴は「音楽教室で使うんなら使用料なんざいらんわ」と言っている。
それは、長期的に見て賢い判断だと思う。

でも長期的な判断ができない人もいるし、単純に賢くないだけの人もいる。
だから選択できないといけない。

基本的な運用プランをちゃんと見せて、「そんな使い方させたくない」とか「この使用料は安すぎる」と思っちゃったんなら変えさせればいい。使用許諾でも自作させとけ。変更は月単位とかでな。

「曲なんざ宗教でも政治でも殺害予告でも勝手に使えよ。俺は次の曲つくるわ。」ってスタンスが一番かしこいと思うがな。関わらないなら関わらないで通してしまうべき。使用法がモラルに反したのなら、その責任は全て使用した人間にある。

要件⑥:かしこいAPI

例えば、個人が自作の楽曲配信サイトを作れるくらいのAPIを公開したい。
楽曲配信サイトもAPIを公開してれば自作のUSEN放送システムとか自作のカラオケシステムが作れるだろ。

曲聞いた人が放送機から曲の情報を取得してそのまま購入出来れば素敵じゃないか。

▼音楽のサイト

要件①:かしこい検索

歌詞で検索したり年代で検索したり鼻歌で検索できたりアニメタイトルで検索できないと困る。

同じ曲が別アレンジでいっぱい出てくると困る。オルゴール困る。

検索結果が無かった時、「検索ワードがマズかったのか?それともこのサイトでは登録されていないのか?」と思わされると困る。

AINMMNWGMMNBKHKMDKWKZTKNI」で検索できないと困る。

また、検索して、見つけた曲を簡単にポイっとシェアできないと困る。

「あとで見る」できないと困る。

要件②:買える

いまあるサービスって、曲を買えない。
「聴き放題」について言っているのではなくて、「そのサイトが潰れたら終わり」っていう状態の事を言っている。

曲の権利者から直で「曲を所持し聴く権利」を買えないとやだ。

あと折角CDを買ったのに、それが認知されない。だからCD買いづらい。

要件③:宣伝

新しい音楽を知る機会はたっくさんある。
YouTubeで違法にアップロードされた曲を聴くこともある。

これは、現状ではなかばしょうがない。
けど、その違法アップロードされた動画から利益につながればいいんじゃなかろうか。「結果としてギリセーフ」になりはしないだろうか。甘いか?
動画の一部で楽曲を使用する際にも、その楽曲を購入する道筋を示すことができればいいじゃん。
個人のラジオ放送でリクエスト曲を流せるね。

他には、ブログやSNS、公開マイリスト等で楽曲を紹介し、そこから楽曲が購入されたときに利益が発生する仕組みがあればいいと思う。

つまり、「使用料の代わりになされる宣伝」と「アフィリエイトで利益を発生させる宣伝」の仕組みがあればいい。

要件④:CDデータベース

CDをPCに取り込んだ時に、「トラック1」とか言われると心底がっかりする。
CDDB使ってほしい。

あとCDDBってもっとお祭りっぽく出来ると思う。なんのこっちゃわからんと思うが、もっとお祭りっぽく出来ると思う。

むしろお祭りっぽくしないと駄目だ。
「BUMP OF CHICKEN」と「BUMP OF CHICKEN」でフォルダが別れてしまった痛みを想像できるか?

要件⑤:投稿

  • 歌ってみた
  • 演奏してみた
  • 自作のMVだとか
  • カラオケ音源と字幕
  • 歌詞の書き起こし
  • 楽譜、TAB譜、アカペラの楽譜、吹奏楽の楽譜、オーケストラの楽譜とか
  • アレンジ、リミックス、メドレー
  • 音ゲーの譜面

要件⑥:音ゲー

ユーザーが勝手に譜面を作ってる音ゲーは沢山あるけど、権利関係ダメだよね。アレ。そのへんをサポートできる仕組みがありゃいいな。

◆結論

まだ深く考えられていない部分もあるけど。大体は出したぞ。
まだ追記するだろうけど。

で、どう思っただろうか。